ぱぐのみぞ

カラダの不調はココロの鎧☆ココロのすっぽんぽんを目指します♪

下丹子(感覚)と私(思考)の役割分担

どうもこんばんは。

漢字で名前6文字って長いよなぁ。

って子供の頃から思ってる

伊良波明日美です<(_ _*)> 

 

 

このブログを意識して書き始めてから

もう、ストレスでストレスで(笑)

 

 

書き終わったら

スッキリするんですヽ(〃∀〃)ノ

ましてや

Facebookで読んだ感想とか

応援とか頂けると本当に嬉しいし

かいっかんっ♡

 

 

が、

書けって言ってるのは下丹子(感覚)なのに

感覚を言葉にまとめて書くのは

私(思考)なんですね(ΦдΦ)‼︎

そりゃ、分担作業だけどさ。

仕方ないけどさぁ。

 

 

 

お笑いで例えたら…

天才的なボケの才能を持ったボケ助。

が、

ボケが極まりすぎてなかなかお客さんに

伝わらずなっかなか売れない。

一方

理解しやすい脚本を書くのが

得意なツッコン太。

分かりやすいがありきたりで

これまたなっかなか売れない。

 

 

ツッコン太とボケ助は

それぞれピンではそこそこしか売れない。

しかし

ツッコン太が、ボケ助の世界を

うまいこと表現できれば

それはそれは素敵な漫才ができあがる。

 

 

この場合、

モテだすのはボケ助の方。

天才だとか賞賛を浴びるのもボケ助の方。

ボケ助はオープンな性格で無邪気で

先輩にも可愛がられて

夜な夜な飲みに連れてってもらえる。

 

 

ツッコン太は

元々は人見知りするし、

社交的な場は苦手。

もちろん挨拶はちゃんとするが

きっちりすぎてお笑い芸人にしては

面白みがないと、いまいち誘われない。

 

 

 

ボケ助は夜な夜な飲みに行くもんで

ネタはどんどん増える。

ボケ助は自由であればあるほど

いろーーんなオモロイに出会い

どんどん吸収しさらにオモロくなる。

 

 

 

ツッコン太は夜な夜なネタを書く。

元々、書くことは嫌いじゃない。

むしろ好きなくらいだ。

ボケ助とコンビを組めたのも

自分の人生で最大の幸運だと感じてる。

これからも2人でやっていきたい。

ボケ助を活かせるのは自分しかいない!

 

 

が、、、

疲れた。

ボケ助はまぎれもない天才や。

オレとあいつならどこまでもいける!

けどなんやねん!

あいつ遊んでばっかりやないか!

ネタ書くんはいつもオレばっかりやし。

そんで、あいつばっかりモテて。

なんやねんっ!しょーもなっ!

あぁ、もうやってられへん!

 

 

ツッコン太、ブチ切れ。

 

 

おい、ボケ助!

たまにはお前、ネタ書けや!

 

 

ツッコン太お前どないしたんや?

顔色悪いなぁ。疲れとん?

よっしゃ!オレ書くわ!

いつもお前書いてくれてんやもんな。

 

 

【3日後】

 

 

ツッコン太おはようさん!

書けたでー!

このネタ自信あんねん!

オレらの歴史で最高傑作になると思うわ!

ちょ、見てくれや!

 

 

…ボケ助

これ、なんて書いてるん?

 

 

あ、コレなぁ

ピダハン語で書いてみてん!

オモロない?笑笑

今朝起きたらな

オレ、ピダハン語話せるようになってん笑笑

あ、ピダハン語

ピダハン語言うのはな

なんやブラジルの山奥の少数民族が話す

めっちゃ珍しい言葉らしいねん笑笑

ピダハンやで、ピダハン!笑笑

 

 

 

天才かっ!(ΦдΦ)

いや、読めるかぁっ!

…ボケ助、ごめんな。

ネタ書くんはオレの仕事や。

お前はそのままで、自由でおってくれ。

オレ、お前の才能に嫉妬してたんやと思う。

ほんでな、この3日休んでて思ったんやけど

オレ、疲れてたんや。

お前のボケ、形にしよ思て。

形なんかいらんのかもな。

お前はそのままでえぇんや。うん。

しかし

お前、、、ピダハンて!!笑笑

 

 

 

ツッコン太、、、

そんなこと考えてたん?

ごめんな、オレ、ほんまに、、

£∂∽∴  ∬∃∝⊇⌘  ∟†≫⁑  Å¢∴⌘∮〻〻×

 

 

 

いや、ピダハンやめぇっ!(ΦдΦ)!

 

 

 

 

 

はぁ、疲れた(笑)

話、逸れすぎた(°▽°)

そして今日本当に言いたかったこと

書けなかったし。。。

 

 

 

もう、明日はちゃんと書くから

寝よう( ;∀;)

おやすみなさい☆

 

f:id:ozimongap:20170812010017j:image